1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.3.26

Astronomers discover nearby ‘super-Earth’国際チーム、地球型惑星を発見

このページを印刷する

科学者は、われわれの太陽系に比較的近い恒星を周回する惑星を発見した。この惑星は、岩石質の地球に似た異星の世界の大気を研究する重要な機会を提供するかもしれない。これは、地球外生命体の探すのに役立つ可能性がある種類の研究だ。 

研究者は3月4日、「グリーゼ486b」と呼ばれ、「スーパーアース(巨大地球型惑星)」として分類されるこの惑星は、これ自体では、生命の避難先として有望な候補ではないと述べた。しかし、地球への近さと、物理的な特徴から、アメリカ航空宇宙局(NASA)が10月に打ち上げを予定しているジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡をはじめとする、宇宙にあるものや地上にある次世代型天体望遠鏡を使っての大気研究にとても適している。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み