1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.3.26

Oldest titanosaur unearthed in Argentinaアルゼンチンで最古のティタノサウルス発掘

このページを印刷する

科学者はアルゼンチンのパタゴニアの荒野で、ティタノサウルスとして知られる恐竜群の最古の一員と思われるものの化石を発掘した。ティタノサウルスには、地球の歴史上最大の陸生動物が含まれる。

研究者は3月1日、この化石は、1億4,000年前、白亜紀に生息していたニンジャティタン・サパタイという名の種類の恐竜のものであると発表した。彼らは、ニンジャティタン・サパタイを、柱のような4本の足で歩いていた首の長い草食恐竜のグループであるティタノサウルスと特定した。

この恐竜の不完全な骨の残骸が、ネウケン州の南部で発見された。この発見は科学誌『アメギニアナ』に掲載された。

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み