1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.7.9

Mouse sperm from ISS produces healthy young ISS で6年保管の精子から健康なマウス誕生

このページを印刷する

日本の研究者たちは、高いレベルの宇宙放射線に6年近くさらされたマウスの精子が、多くの健康な普通の「宇宙のマウスの子」を生み出すことを発見した。

この研究は6月11日に『サイエンス・アドバンシス』誌に掲載された。

精子は国際宇宙ステーション(ISS)に冷凍された状態で貯蔵された。地球に持ち帰られて水で戻されると、遺伝子の異常のない168匹の子が誕生するという結果になった。

筆頭共著者の若山照彦教授は、宇宙の精子で受精させたマウスと、地球に閉じ込められたままの精子で受精させたマウスの間にはほとんど違いがなかったと述べた。「マウスの子は全て標準的な見た目だった」と若山教授は述べた。

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

70th 記念特設サイト スペシャル

iPad、Nintendo Switchが貰えるコンテストに参加しよう!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み