1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.8.13

Paralyzed man’s thoughts turned into speech発話障害患者の脳信号を文章に変換する技術開発

このページを印刷する

7月15日に発表された科学論文によると、世界で初めて、まひ状態にある人の脳波を完全な文章に翻訳することに成功した神経機能代替装置をアメリカの研究者が開発したという。

「これは自然状態でコミュニケーションができない人にとって重要な技術的節目だ」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の博士課程修了後のエンジニアで『ニューイングランド医学ジャーナル』誌に掲載された研究論文の筆頭著者の1人であるデービッド・モーゼス氏は述べた。

この画期的技術は、20歳のときに脳卒中になり、認知機能は無傷であるにもかかわらず構語障害の状態―理解しやすく話す能力を失った状態―となった36歳の男性が協力した。

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み