1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.8.13

Fossil of crocodile’s ‘grandfather’ discovered現在のワニの先祖の化石が見つかる

このページを印刷する

チリ南部の山中で発見された1億5,000万年前の化石化した骨格は現代のワニの先祖と思われると、アルゼンチン自然科学博物館が7月23日に発表した。

Burkesuchus mallingrandensisと名付けられたこの種は、パタゴニアの町マリングランデ付近のアンデアン化石堆積層でアルゼンチンとチリの研究者たちによって2014年に発見された。以降、この化石はブエノスアイレスにあるアルゼンチン自然科学博物館で分析されていた。

この標本は現在のワニの「祖父」で、ワニがどのように進化したかを科学者が理解できるようにするだろうと同博物館は述べた。

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み