1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.9.10

3D-printed tumors may help treat cancer3D プリントの腫瘍で治療法を検証

このページを印刷する

科学者たちは、患者の腫瘍のモデルを作るために、脳腫瘍の患者本人の細胞を3Dプリンターの素材の一形態として用いた。これは、可能性のある治療法の効力を実際に体内で使う前に試すためのものだ。  

科学者たちは、グリア芽腫―予後がとても不良な侵襲性の強いがん―を患う患者の脳から腫瘍の「かたまり」を摘出して、MRIスキャンと合致するモデルを3Dプリンターで生成するのに用いたと、テルアビブ大学でこの研究を主導したロニット・サッチフェイナロ氏は述べた。

その後患者の血液が、脳を模造した合成物と一緒に作られた3Dプリントの腫瘍にポンプで送り込まれ、その後、薬物または治療処置が行なわれる。

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み