1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.9.24

A robot’s gaze can affect the human brainロボットの視線は人間の判断を鈍らせる

このページを印刷する

ロボットとアイコンタクトを取るのは落ち着かない体験であることは長い間知られてきた。科学者たちはその不安な感覚に対して「不気味の谷(人に似せた造形に負の感情を抱くこと)」という名称さえ持っている。研究者たちのおかげで今では、私たちもそれは感覚だけではないということを知っている。

ジュネーブにあるイタリア工科大学の研究チームは、どのようにロボットの視線が私たちをだまして私たちが社会的に交流していると考えさせ、判断能力を鈍らせうるかを示した。

「視線は、他者と交流する際に私たちが日常的に使っている極めて重要な社会的シグナルです」と、9月1日に『サイエンス・ロボティックス』に掲載された研究論文の筆頭著者であるAgnieszka Wykowska氏は述べた。
 

70th記念サイト 大喜利コンテスト

Alpha創刊70周年サイトにて「英語で一言!画像大喜利コンテスト」開催中!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み