1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.10.8

Prehistoric winged lizard unearthed in Chile南半球で発見の化石、ジュラ紀の翼竜と特定

このページを印刷する

チリの科学者は、翼竜として知られるジュラ紀の「翼のついたトカゲ」の一種の化石を南半球で初めて発見したと発表した。

現在のアタカマ砂漠で約1億6,000万年前に生息していたこの恐竜の化石は2009年に発掘された。これは今、ジュラ紀に生息していた長尾型翼竜ランフォリンクスのものと確認されている。後に南半球の陸塊を形成した有史以前の超大陸ゴンドワナでこうした生物が発見されたのは初めてだ。

チリ大学の研究者のジョナタン・アラルコン氏は、この生物は翼長が最大2メートルで、長い尾と尖った鼻があったと語った。

70th記念サイト 大喜利コンテスト

Alpha創刊70周年サイトにて「英語で一言!画像大喜利コンテスト」開催中!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み