1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.10.22

Promising ALS drug found using iPS cellsALS 治療薬、iPS 細胞使った治験で効果

このページを印刷する

京都大学の研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を活用して、筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する薬の効果を試験し、有望な薬が1つ見つかったと、9月30日に同チームは発表した。 

研究チームは、ALS患者に由来するiPS細胞を通じてこの病気を再現した。 

その細胞に対して一連の薬を試したところ、慢性骨髄性白血病の治療に使われる「ボスチニブ」が臨床試験でALSの進行を9人中5人で遅らせたと研究チームは述べた。

日本にはALSに苦しんでいる患者が約9千人いる。そのはっきりした原因は不明で、根本的な治療はまだ確立されていない。
 

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み