1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.11.12

Evidence of herd behavior in dinosaurs foundジュラ紀の草食恐竜、群れを形成していたか

このページを印刷する

アルゼンチンのパタゴニア南部の地域で発掘された膨大な数の化石は、一部の恐竜は複雑でうまく組織立てられた群れの構造で繁栄し、成獣が子どもの世話をして、共同の営巣地を分かち合っていたことを示す、知られている中で最古の証拠を提供している。

科学者は10月21日、発掘された化石には、恐竜の卵100個以上と、20個の非常に完全な骸骨を含め、ムスサウルス・パタゴニカと呼ばれるジュラ紀の草食恐竜の子どもと成獣の骨約80個が含まれると発表した。

この動物たちは、おそらく干ばつによって引き起こされた大量死事件を経験し、その死骸はその後、風に吹かれた塵に埋まったと、研究者は述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み