1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.11.12

Humans, dogs lived together in 10,000 BC紀元前1万年から、人は犬と暮らしていた?

このページを印刷する

中米の科学者による研究によると、あるあごの骨の化石は、1万2,000年前もの昔に飼いならされた犬が中米で暮していたことを証明する可能性があるという。

犬とその飼い主たちはおそらく、巨大な動物たちと一緒に暮していたと研究者は述べた。

コスタリカ北東部のナカオメでの1978年の発掘調査で、後期更新世時代の骨の遺物が発見された。

1990年代に始まった発掘作業では、巨大な馬やウマ属の動物種、グリプトドン(大型のアルマジロ)、マストドン(現代のゾウの祖先)の化石と、当初はコヨーテの頭蓋骨と考えられていたあごの骨の一部が出土した。そのあごの骨の一部は、研究者は犬のものだったと考えている。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み