1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.12.24

Dinosaur tail found in Chile stuns scientistsチリで発見の恐竜の化石、奇妙な尾を持っていた

このページを印刷する

チリの古生物学者たちは12月1日、3年前にパタゴニアで発見された恐竜についての研究結果を発表した。彼らはこの恐竜が極めてまれな尾をしていたと述べた。

ステゴウロス・エレンガッセンの化石は2018年に「Cerro Guido」での発掘調査中に発見された。ここは、数多くの化石を隠し持つことで知られる場所だ。

「この構造は非常に驚くべきものだった」と古生物学者たちの1人アレクサンデル・バルガス氏は語った。「この尾は7対の皮骨で覆われていた…あらゆる恐竜の中で私たちが知っているどんなものとも異なる武器を形成していた」と、この研究者はチリ大学でのこの発見についての発表中に付け加えた。
 

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み