1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.1.14

Scientists develop coronavirus-glowing masks京都府立大、コロナウイルスが光るマスクを開発

このページを印刷する

京都府立大学の科学者チームは、ダチョウの卵から抽出された抗体を使って、コロナウイルスの痕跡が含まれていれば紫外線にさらされたときに光るマスクを開発した。

研究チームは不活性化した危険性をもたらさない形のコロナウイルスをメスのダチョウに注入し、そのダチョウが産んだ卵から大量の抗体を抽出することに成功した。チームはそれから、マスクの中に装着される特別なフィルターを開発した。

そのフィルターは取り出すことができ、ダチョウの卵から抽出された抗体が入った蛍光染料を吹き付けられる。もしウイルスが存在していれば、フィルターは紫外線の下で光る。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み