1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.3.25

Energy-related emissions record high in 2021エネルギー関連の排出量、昨年は過去最高

このページを印刷する

世界のエネルギー関連の二酸化炭素排出量は2021年に6%増加して、過去最高の363億トンとなり、史上最高レベルとなったと、国際エネルギー機関(IEA)は3月8日に発表した。

「世界の二酸化炭素排出量の増加は20億トン以上と、絶対的に史上最大となり、新型コロナウイルスのパンデミックに引き起こされた前年の減少を相殺して余りある」とIEAは述べた。

IEAは、世界経済が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復するなか、成長を勢いづけるために拡大した石炭利用を指摘した。 

IEAでは、世界の二酸化炭素排出量がパンデミック以前のレベルを上回って再増加していることは、主に中国に起因していると述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み