1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.4.22

Hubble spots most distant star ever seen129億光年の彼方に史上最も遠い星を観測

このページを印刷する

ハッブル宇宙望遠鏡は太古の昔をさかのぼって目撃し、ビッグバンの後の最初の10億年の間に存在した恒星からの光を検知した―これは新記録だと、3月30日に天文学者が発表した。

この新たに発見された恒星は、「エアレンデル」と呼ばれ、地球に到達するまでに129億年かかるくらい遠く離れている。そのとき(129億年前のこと)、宇宙は現在の年齢の7%だった。

「私たちは最初、これをほとんど信じていませんでした。前の最も遠く離れたものよりもずっと遠かったのです」と、この発見について書かれた『ネイチャー』誌掲載の論文の筆頭著者で、バルティモアにあるジョン・ホプキンス大学の天文学者ブライアン・ウェルチ氏は述べた。

前回の最古記録は、2018年に検知されたもので、宇宙が誕生から40億年のときの光だった。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み