1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.4.22

Muscle training reduces risk of disease: study適度な筋トレで死亡・疾病リスク減少、研究

このページを印刷する

いくつかの主要大学に所属する日本の研究者グループは、週に最大60分の筋肉を動かす運動をすることは、がんなどの深刻な病気の予防と死亡リスクの軽減に最適だということを最近発見した。

このデータでは、運動をしない人と比較して、筋肉を強化する運動をしている人は死亡リスク、またはがんや心血管疾患や2型糖尿病などの病気を発症するリスクが10~17%低いことが示された。研究者グループは、しかし、過度な運動は非効果的かもしれないと警告した。筋力トレーニングを130~140分した後は、望ましい健康効果がもはや見られなかった。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み