1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.6.10

Scientists edit tomatoes to boost vitamin DビタミンD が豊富な遺伝子編集トマトが誕生

このページを印刷する

イギリスのジョン・イネスセンターの科学者たちが率いる研究チームは、トマトの遺伝子構造を編集し、豊かなビタミンD源になるようにした。ビタミンDは、骨や歯、筋肉の健康を保つのに必要不可欠なカルシウムなどの栄養素を調整する。

トマトの葉には元々、7-DHCと呼ばれるビタミンD3の構成要素の1つが含まれている。ビタミンD3は、体内のビタミンDレベルを高めるのに最適だと考えられている。科学者たちはCRISPR技術を用い、7-DHCがかなり多くトマトの実と葉にも蓄積するように、トマトのゲノムを調整した。

人体は日光に当たるとビタミンDを生成するが、ビタミンDの主な供給源は食べ物だ。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み