1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.6.24

Amino acids found in Ryugu asteroid samplesリュウグウの試料からアミノ酸検出

このページを印刷する

日本の宇宙探査機「はやぶさ2」が2020年の暮れに小惑星から地球に持ち帰った試料から20種以上のアミノ酸が検出されたと、職員が6月6日に述べた。

今回のアミノ酸の発見は、宇宙の小惑星にアミノ酸が存在することを初めて示した。

2020年12月に、「はやぶさ2」の6ヵ年ミッションで運ばれたカプセルは、3億キロ以上離れた場所にある小惑星リュウグウから5.4グラム以上の地表の物質を地球に運んだ。

リュウグウの調査は、太陽系と生命の起源の謎を解明することを目指していた。
アミノ酸は、タンパク質を作る物質で、生命に不可欠だ。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み