1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.13

Japan knocked out of World Cup after Belgium strikes backW杯日本代表、ベルギーに惜敗

このページを印刷する

ロシアのロストフ・アリーナで7月2日、ベルギーは見事な反撃をして3対2で勝利を収め、94分のナセル・シャドリ選手による決勝ゴールで、日本のワールドカップの夢は悲痛な形で終わった。
前半のベルギーの攻撃の嵐を切り抜けた後、日本は後半を2本の稲妻のようなシュートで開始した。原口元気と乾貴士のこの得点は、サムライブルー(日本代表のこと)が世界3位のチーム(ベルギーのこと)に対するありそうもない勝利―そして初の準々決勝進出―を夢見ることを可能にした。
しかし、22試合無敗でこの試合に臨んでいたスター選手ぞろいのベルギーチームは、ヤン・フェルトンゲンと、マルアン・フェライニのゴールで反撃し、その後、シャドリが日本の選手たちを崩れるように倒れさせた。
「試合の運び方に甘さが出ていたと思う」とキャプテンの長谷部誠は語った。長谷部は翌日に日本代表チームからの引退を発表した。「言葉にするのが難しく、頭の中で整理するのに少し時間がかかるが、我々は安々とボールを渡してしまい、さまざまなミスが失点につながった」。
この痛みにもかかわらず、日本は、西野朗監督のチーム(日本代表のこと)の、オフェンスでのディフェンスでも最もいいところを出せたスリリングな、ワールドカップで最も面白い試合に自分たちが参加していたということを忘れないだろう。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み