1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.27

Trump blames ‘double negative’for furor over Putin meeting米大統領、露大統領との会見発言を間違えと釈明

このページを印刷する

あの厄介な二重否定のせいにしよう。

27時間にわたるほぼ世界中での非難の後、7月17日に、ドナルド・トランプ米大統領は、米国の選挙に介入したのがロシアである「理由は見当たらない」と述べたヘルシンキでの発言は単に言い間違えただけだと主張した。

「その文は、『ロシアではない理由は見当たらない』のはずだった。二重否定のようなもの」とトランプ氏は述べた。

しかし、トランプ氏は2016年の選挙でのハッキングの背後にロシアがいたとする米国の情報機関の結論を受け入れると述べたものの、これまでのように、「他の人々が関与した可能性もある。そこには(インターネット上のこと)大勢の人々がいる」

というわけで、世界には疑問が残された。彼は本当に二重否定に惑わされたのか、あるいは、この釈明は実際には火消しなのか?

これが単なる文法的なミスだとしても、トランプ氏はフィンランドで行われた同じ記者会見で、疑いのあるロシアに有利な解釈をしたようなコメントをたくさん述べた。

ウラジーミル・プーチン露大統領が否定していることよりも、ロシアが介入したとする米国の諜報コミュニティの結論を信じるかについては発言を控えた。彼はまた、2つの超大国(アメリカとロシアのこと)間のよくない関係を、両国による間抜けさのせいにした。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み