1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Keisuke Honda joins Cambodia national team as general manager本田圭佑、カンボジア代表監督兼GM に就任

このページを印刷する

元日本代表選手の本田圭佑さんは8月12日、サッカーのカンボジア代表チームの新ゼネラルマネージャーになったと発表された。
首都プノンペンでの記者会見で話した本田さんは、2年間の契約にサインをし、監督も務めると述べた。
この32歳の人(本田さんのこと)は、自身の使命は、カンボジアの選手たちがプレイスタイルを発達させるのを手助けし、カンボジアの観光も促進することだと語った。
オーストラリアのチームのメルボルン・ビクトリーと最近契約を結んだ本田さんは、ほかでの契約上の義務があるため、カンボジアのチームには主にインターネット上でできることを介して貢献すると述べた。
カンボジアサッカー連盟(FFC)のサオ・ソーカ会長は、本田さんの存在が有益であることは、ASEANサッカー連盟のスズキカップ中に明らかになるだろうと期待していると述べた。スズキカップはこの地域で最も名高いサッカーの大会で11月8日に開幕する。
サオ・ソーカ会長は、本田さんは自発的にこの仕事を引き受け、2023年にカンボジアが開催国となる東南アジア大会でカンボジアチームを確実に十分な強さにするために、2年間の契約期間は延長される可能性があると述べた。
2016年に本田さんはプノンペンに若者向けのサッカーアカデミーを開設した。
ブラジルのレオナルド・ビトリーノさんは、昨年10月にカンボジア代表チームのヘッドコーチを辞任している。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み