1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.28

Pop diva Amuro steps out of spotlight after two-decade career安室奈美恵さん引退

このページを印刷する

ポップスターの安室奈美恵さんが9月16日に芸能界を引退し、ファンに20年以上にわたるサポートを感謝した。

1990年代に若い女性たちがそのファッションスタイルをまねる現象を引き起こしたこの40歳のポップの歌姫(安室さんのこと)は、昨年9月、活動25周年を迎えた数日後に引退する意向であることを発表してファンを驚かせた。

「この25年間の一瞬でも、ファンのそばにいる歌手になることができたなら幸せです」と、安室さんは自身のウェブサイトに掲載された発表文で述べた。安室さんはファンからの心のこもった見送りにも感謝した。

今年初めに、安室さんは最後のコンサートツアーを企画し、最後のライブステージに故郷の沖縄県を選んだ。

9月15日の最後のライブを聞きに数千人のファンが宜野湾市に集まり、安室さんはサプライズゲストとのデュエットを含む8曲を披露した。

安室さんは全員が女性のグループの「スーパーモンキーズ」の一員として1992年9月16日にデビューし、『Don’t Wanna Cry』、『Chase the Chance』、『Can You Celebrate?』など、一連のメガヒットを持つソロアーティストとして音楽チャートを席巻するようになった。

キャリアの中で、『Sweet 19 Blues』を歌ったこの歌手(安室さんのこと)は、アジアでも有名なJポップの先駆者だった。アルバムは常にチャートのトップを走り、最後のコンピレーションアルバム『Finally』は200万枚以上を売り上げた。シングルとアルバムを合わせたCDの総販売枚数は3600万枚を超えた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み