1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.19

Sayonara Tsukiji! Exodus as Tokyo’s fish market relocates築地から豊洲へ

このページを印刷する

世界的に有名な築地市場が新しい敷地に移転し、フォークリフトやトラックに乗った何百という魚屋が東京で10月7日の夜明け前に起きて販売業者の大集団移動に加わった。

小さな車と市場の有名な「ターレット」―前に円柱型のハンドル軸がついた1人乗りの平台―に乗り、魚屋たちは最後の築地を出発して、新しい敷地である豊洲へ向かった。

その市場からのメインの橋は移転のために通行止めとなった。警備員が、築地を離れる卸売業者を誘導するために配備され、卸売業者らは、点滅する赤と緑のライトがてっぺんについたセキュリティコーンの間を整列して進んだ。

毎日16億円相当の海産物480種類―また果物や野菜270種類―をかつて取り扱っていた900の事業者のうちの数百の事業者が移転する。

東京都によると、5日という期間をかけて合計2,600台のターレットとフォークリフトが築地市場から約2.3キロを運転して移動することとなっていた。

開設から83年となるこの市場の移動は、数十年間予定されており、市場の老朽化からさらに急かされていたが、汚染騒動と建設の遅れに悩まされた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み