1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.18

Bohemian Rhapsody wins top Golden Globes prize米ゴールデン・グローブ賞、作品賞は「ボヘミアン・ラプソディ」

このページを印刷する

『ボヘミアン・ラプソディ』と『グリーンブック』がトップの賞を受賞し、両作の主演者も高く評価された演技で賞を獲得し、ミュージシャンの実生活を描いた作品が、カリフォルニア州ビバリーヒルズで1月6日に開催された第76回ゴールデングローブ賞を席巻した。

クイーンのフロントマンだった故・フレディー・マーキュリーさんに関する作品『ボヘミアン・ラプソディ』は、音楽業界を舞台にした他の映画でファンが大好きな作品『アリー/スター誕生』に勝り、最優秀作品賞(ドラマ)を獲得し、ラミ・マレクはドラマ部門で最優秀主演男優賞を獲得した。

「感動以上です。心臓が今胸から飛び出しそうなほどバクバクしています」と、マレクは語り、感謝したい人として1991年に亡くなったクイーンの歌い手を含めた。

「フレディー・マーキュリーに、一生に一度の喜びを与えてくれたことに感謝したいです。美しいあなたに愛を送ります。この賞は、あなたのためのものであり、素晴らしいあなたのおかげで達成できました」。

ピアニストの. ドン・シャーリーとトニー・バレロンガのツアーを追った『グリーンブック』は、最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)と、マハーシャラ・アリの演技で、最優秀助演男優賞を獲得した。

音楽では『ボヘミアン・ラプソディ』と『アリー/スター誕生』の両方が中心だったが、この2作品はミュージカル/コメディ部門ではなくドラマ部門で競い、製作スタジオではそのように提出した。

5部門でノミネートされ、ゴールデン・グローブの有力候補だった『アリー/スター誕生』は、最終的に主演のスターであるレディー・ガガが共同で作曲したオリジナル曲の『Shallow』で受賞した主題歌賞の1つしか賞を取らなかった。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み