1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.25

Japanese grand champion Kisenosato retires from sumo横綱稀勢の里、引退

このページを印刷する

横綱稀勢の里は、大相撲初場所で3度目の敗北を喫した後、相撲力士を引退すると決めたと、親方が1月16日に発表した。

キャリアが危険にさらされた状態で、東京の両国国技館で15日間の大会に臨んだこの32歳の人(稀勢の里のこと)は、0勝3敗の記録を出した後、キャリアに幕を閉じることに決めた。

「彼が横綱に昇進したのを見てうれしかった一方で、すぐ近くで彼を見ていて、苦しんでいるのが分かった」と田子の浦親方は語った。「(横綱としての)2年間はとても速く過ぎた」。

稀勢の里は初日の1月13日に小結の御嶽海に負けた。トップランクの前頭の逸ノ城と栃煌山に予想外の2度目3度目の負けとなった。

11月の九州場所5日目の不戦負けを数えずに、稀勢の里は9月から8連敗を記録している。これは、1949年夏に15日の大相撲大会の形式が始まって以来、横綱としては最悪の連敗数だ。

2017年1月に、稀勢の里は19年ぶりに相撲の最高ランクに昇進した日本生まれの力士となり、続く3月の大会で横綱としてのデビュー戦で2連勝を果たした。

しかし、付きまとうけがのせいで、横綱としてワースと記録の8場所連続で大会を全うすることができず、横綱としてキャリアを続けていくことができるのかどうか、疑問が上がっていた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み