1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.4.26

Tiger wins 15th major title with spectacular Masters victoryウッズ、マスターズ優勝で11年ぶりのメジャー制覇

このページを印刷する

タイガー・ウッズ選手は4月14日の第83回マスターズ・トーナメントで優勝して通算15回目のメジャータイトル獲得を果たし、11年間のメジャー戦で勝利がなかった11年間に終止符を打って、キャリアを危機にさらしたケガとスキャンダルからの劇的な復帰を遂げた。

この43歳のアメリカのスーパースター(ウッズ選手のこと)は、2008年の全米オープン以来初のメジャータイトルを獲得した。2017年には慢性的な背中の痛みのため、脊椎固定手術を受けた。

「これまでに起きたことがあるだけに、これには圧倒されている」とウッズ選手は述べた。「ほとんど歩くことができなかった。眠ることもできなかった。何もすることができなかった」。

「それがこうしてカムバックのチャンスをつかめて、間違いなく自分にとって最も大きな勝利の1つになった」。

5度目のマスターズ優勝―2005年以来の勝利―は、ウッズ選手にとってゴルフ界の頂点への現実離れした復帰を確かなものにした。ウッズ選手のキャリアは、2009年の性的なスキャンダルと、合計7回の手術を必要としたひざと腰のしつこいけがで崩壊していた。

「ここ数年で最高の感じがしたドライバーだった」とウッズ選手は語った。「長い試合をコントロールできたように感じているし、本当に成果があった」。

ファンが名前を唱えるなか、感極まったウッズ選手は18番グリーンを歩み出て、1997年のマスターズで初メジャー優勝後に今は亡き父のアールさんを抱きしめたように、母のクルティダさんと娘のサムさん、息子のチャーリーさんを抱きしめた。

マスターズのタイトル獲得により、ウッズ選手はジャック・ニクラウス氏が獲得したメジャー優勝18回という歴代最高記録まであと3回となった。

ウッズ選手は、史上2番目に年長の選手となり、その先にいるのは1986年に46歳で優勝したニクラウス氏だけだ。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み