1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.10

After becoming emperor, Naruhito addresses nation天皇陛下、最初のお言葉述べられる

このページを印刷する

日本の新しい天皇は5月1日、皇位を継承して最初のスピーチを述べ、「常に国民を思い」、父の姿に倣いつつ、「憲法に則って行動し」、国家の象徴としての役割を全うすると誓った。

「皇位を継承するにあたり、上皇陛下のたどられた道筋を深く振り返り、歴代の天皇が歩まれた道を心にとどめて、自己の研鑽に励むことを誓う」と徳仁天皇は、皇族と政府関係者が出席した儀式において政府、議会、司法の長の前での短いスピーチの中で述べた。

「国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望する」と徳仁天皇は語った。

テレビで生中継で放送されたこの演説は、徳仁天皇が父の明仁天皇の退位に続いて4月30日の深夜に皇位を継承してから初めての演説だった。明仁天皇は今は上皇と呼ばれる。

第二次世界大戦後に生まれたこの59歳の人(徳仁天皇のこと)は今、国の「象徴」となった。日本の戦後の憲法の下では、天皇は政治的な権力を行使することが禁じられている。

退位に伴い、30年続いた平成の時代は終わり、新しい令和の時代を迎えた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み