1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.31

Huawei founder Ren says US underestimates companyファーウェイ会長、米大統領令に反論

このページを印刷する

ファーウェイの任正非会長は5月21日、彼の会社のグローバル目標を阻もうとするアメリカのもくろみに対して挑戦的な言葉を使い語調を強めて、アメリカはこの大手通信企業の強さを「過小評価している」と述べた。

任会長は、アメリカのドナルド・トランプ大統領がアメリカ国内でのファーウェイの事業を阻止することを狙った大統領令を出した数日後に中国の国営メディアに語った。この大統領令は、次世代の5G技術の頂点へと突進するファーウェイを止めようとする数ヵ月に渡る努力における最新の攻撃だ。

国営テレビの中国中央電視台(CCTV)によると、「アメリカの政治家たちによる現在の行ないは、我が社の強みを過小評価している」と任会長は語ったという。「ファーウェイの5G技術は絶対に影響を受けない」。

トランプ大統領は5月15日に「国家非常事態」を宣言し、「アメリカの国家安全保障に対する受け入れられないリスク」と見られる企業をブラックリストに入れる権限を得た―この動きは明らかにファーウェイを狙っているとアナリストは述べている。

同時に、アメリカの商務省はアメリカの企業に対し、ファーウェイにアメリカの技術の販売や移転を禁止する事実上の禁止令を発表した。だが、商務省は5月20日に、禁止令の実施を90日間遅らせると発表している。

アメリカのインターネット大手のグーグルは、同社の携帯電話端末のオペレーティング・システム「アンドロイド」が世界のスマートフォンのほとんどを動かしているが、この禁止令を踏まえてファーウェイとの連携を削減し始めていると述べた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み