1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.11.1

South Africa routs Japan to advance to RWC semifinalsラグビーW 杯、日本は南アに敗れる

このページを印刷する

南アフリカは、10月20日のラグビーワールドカップ準々決勝で26対3で勝利し、日本の目を見張るような躍進に歯止めをかけた。

ワールドカップの決勝トーナメントを初めて戦った日本は東京スタジアムで、マカゾレ・マピンピ選手による序盤のトライでリードを許したが、その後、田村優選手のペナルティゴールがあり、ブレイブブロッサムズ(日本代表チームの愛称)はわずか2点差で後を追う形でハーフタイムに突入した。

しかし、3度目の優勝を目指すスプリングボクス(南アフリカ代表チームの愛称)は、ハンドレ・ポラード選手のラグビーシューズから3本のペナルティーゴールが決まり後半に追い打ちをかけた後、4分のうちに2本のトライで試合は南アフリカにとって安全(なリード)となった。

スプリングボクスは10月27日に横浜で行なわれる対ウェールズとの準決勝に臨む一方、日本は、ロシア、アイルランド、サモア、スコットランドを破り、初めて準々決勝へ進出した大成功だった一連の戦いを振り返ることができる。

「日本チームを本当に誇りに思う」と、日本のヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏は述べた。「選手全員を誇りに思う。試合に出場しなかった選手もいるが、それ(=全選手が関わったこと)が本当にいいチームを築くのに必要なことだ。ファンに感謝したい。スタジアムでも直接、またホテルの中や周辺で間接的にも、私たちに多大なる支援をいただいた。選手たちは、それが本当に私たちの助けになったということを理解している」。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み