1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.17

‘Revenge, revenge’: Iranians mourn general killed by US米軍に殺害されたソレイマニ司令官をイラン国民が追悼

このページを印刷する

ガセム・ソレイマニ司令官がアメリカによる空爆で殺された後、黒い服を着た参列者たちは1月5日、ソレイマニ司令官の遺体が道を行進するなか、イラン第2の都市マシュハドに詰めかけた。

夜になり、参列者たちは、エマーム・レザー廟へ向かうソレイマニ司令官の棺を運ぶトラックを追いかけながら、「イランは黒い服を着ている、報復を、報復を」と唱えた。

革命防衛隊コッズ部隊の司令官としてイランの中東作戦を指揮していたソレイマニ司令官は、1月3日にバグダッド空港付近でアメリカによるドローン空爆で死亡した。62歳だった。

この攻撃は、アメリカのドナルド・トランプ大統領によって命じられ、イランにいるアメリカの外交官と軍に対する「差し迫った」攻撃をコッズ部隊が計画していたとトランプ大統領は述べていた。

ソレイマニ司令官の遺体は、南西部の都市アフワズへ夜明け前に戻され、行進の間、あたりにはシーア派の唱える声と「アメリカに死を」という叫びが響き渡っていた。

イランで最も人気のある公人の1人だったソレイマニ司令官は、1980~88年のイラン・イラク戦争の英雄としてみなされていた。

空爆をめぐって高まるイラクの怒りに直面して、イラク議会は1月5日、政府に対し、イラクに約5,200人いるアメリカ軍を追い出すよう促した。

ソレイマニ司令官の暗殺は、イラン政府とアメリカ政府という最大の敵同士の緊張を高め、新たな中東戦争の不安を引き起こした。

イラン最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイ氏は、「厳しい報復」を誓い、3日間の追悼を宣言した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

speakbuddy

AI英会話アプリSpeakBuddy | 音声認識機能搭載の英語学習でスピーキング、リスニング力が上達!

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み