1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.7

Family affair: Billie Eilish, Finneas win big at Grammys米グラミー賞、18歳のビリー・アイリッシュと兄フィニアスが快挙

このページを印刷する

ビリー・アイリッシュさんとフィニアスさんきょうだいが、ロサンゼルスにあるフィニアスさんの小さな寝室のスタジオで制作した、エッジの効いたアヴァンポップのアルバムが、ロサンゼルスで1月26日に開催された2020年のグラミー賞で大成功し、音楽一家に10の賞を獲得した。

『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』―このミュージシャンたち(アイリッシュきょうだいのこと)が家で作った作品―は、アイリッシュさんが4つのトップ賞―年間ベストアルバム賞、年間ベスト楽曲賞、年間ベストレコード賞とベスト新人賞―を獲得するのに役立った。この18歳の人(ビリー・アイリッシュさんのこと)はこの偉業を達成した史上最年少で、1981年にクリストファー・クロスさんぶりとなった。

アイリッシュさんと兄のフィニアスさん―ビリーさんのアルバムを共同で作曲、プロデュース、エンジニアリングをした―はともに5つの賞を獲得した。

「このアルバムがグラミー賞を獲得するとは思っていなかったので、受賞スピーチは書いていませんでした。何かを獲得するなんて思っていませんでした。私は鬱、自殺願望、気候変動、悪い奴でいること―それが何を意味するにしても―についてアルバムを作っていて、ここに混乱して立っていますが、感謝しています」とフィニアスさんはステージ上で語った。

2人はともに、ベストポップボーカルアルバムも獲得し、フィニアスさんは個人で最優秀プロデューサー賞(ノン・クラシック)、最優秀エンジニア・アルバム賞(ノン・クラシック)を受賞した。

「これは私の初めてのグラミー賞です。人生でこんなことが起こるなんて思ったことはありませんでした」とアイリッシュさんは語った。「心から本当にありがとうございますと言いたい。本当にありがとうと言いたいだけです」。

「これは今寝室で音楽を作っている子ども全員へのものです―このうちの1つを得ることになるかもしれません」とフィニアスさんは言い添えた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み