1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.19

Shigeru Yokota, father of North Korea abductee Megumi, dies北朝鮮に拉致されためぐみさんの父親、横田滋さんが死去

このページを印刷する

1977年に娘のめぐみさんを北朝鮮に誘拐され、北朝鮮に拉致被害者をもっと解放するよう圧力をかける日本の働きかけにおいて中心的な役割を果たしてきた横田滋さんが、87歳で高齢のため亡くなったと、彼の家族に近い情報筋が6月5日に明らかにした。

横田さんは、他の拉致被害者の家族と、北朝鮮で今も生存していると思われる子どもやきょうだいを救出するよう政府に要請する取り組みを、20年以上行なってきた。 

めぐみさんは1977年に学校から帰宅途中に行方不明になったとき、13歳だった。家族は当時、日本銀行に勤めていた横田さんがその中央銀行(日本銀行のこと)の地方支店に異動になった後、新潟県の日本海沿いに住んでいた。

横田さんと妻の早紀江さんは、北朝鮮の工作員に誘拐された他の日本国籍者の7家族とともに、拉致問題について国民の意識を高めるために辛抱強く取り組んできたグループを1997年3月に形成した。

北朝鮮政府による核兵器とミサイルのプログラムのせいで日本と北朝鮮の関係が悪化しても、彼らは拉致被害者が解放されることを望んでいる。 

横田さんは、このグループの会長を、2007年11月に健康上の理由で退くまで10年以上務めてきた。彼は6月5日の午後3時ごろに高齢のため亡くなった。

「夫と私は共にできる限りのことをしてきましたが、彼はめぐみに再会する前に亡くなりました。私は今、気持ちの整理がつかない状態です」と早紀江さん(84)は息子の拓也さんと哲也さんも署名した声明の中で語った。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み