1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.26

Fresh anti-racism protests take place in cities around the world世界各地に黒人差別抗議デモ広がる

このページを印刷する

世界中の都市部で数千人の人々が、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」ムーブメントを支援し、自分の国での人種差別と警察による残虐行為を浮き彫りにするため、6月13日と14日の週末にかけての2週目となる集会で行進した。

ヨーロッパやアジア各地の都市で集会があり、パリやベルリン、チューリッヒでは数千人がデモを行なった。

ロンドンでは6月13日、極右のデモ参加者複数が人種の平等を支持する人々に食ってかかって暴力沙汰になった後、警察が彼らを逮捕した。ボリス・ジョンソン首相は彼らの「人種差別的暴行」を非難した。

数週間にわたる歴史的なデモ行動は、警察官による5月25日のジョージ・フロイドさん殺害事件によって火が付いた―この事件は、アメリカで白人警察官によって殺された何人も続く非武装の黒人たちのうちの最新の出来事だった。

この大規模な騒動により、奴隷制度の遺産、ヨーロッパの植民地主義、有色人種に対する白人の暴力、アメリカの警察の軍事化について、世界的な会話が余儀なくされた。

東京では6月14日、この首都(東京のこと)の渋谷地区と原宿地区で数千人が通りを行進し、人種差別と警察による虐待を止めるよう求めた。主催者は、約3,500人が抗議活動に参加したと述べた。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み