1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.17

Koike cruises to easy win in Tokyo gubernatorial race都知事選、小池氏が圧勝

このページを印刷する

東京都の小池百合子知事は7月5日の東京都知事選挙を難なく圧勝し、2期目を確保して、予測不可能な時期に行なわれた予測可能な選挙活動に終止符を打った。

7月15日に68歳になるこの現職の知事(小池氏のこと)は、不安なパンデミックの存在によって影が薄れた選挙活動で、自分よりも知名度の低い多数の候補者と戦った。 

小池氏が獲得した3,661,371票は、次点だった候補者の4倍以上で、東京の有権者の多数が新型コロナウイルスとの戦いを続けることに小池氏を信頼していることを示している。73歳の弁護士で元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏はわずか844,151票の得票だった。俳優から既成政党に対抗する政党のれいわ新選組の代表へと転身した山本太郎氏(45)は3位で657,277票の得票で終わった。

選挙の投票率は55%で、2016年の選挙の59%から減少した。

小池氏は、検査のキャパシティを増し、病院のベッド数を増やし、都の医療システムを強化することで、新型コロナウイルスの予防と、第2波への備えに集中するつもりだと語った。

小池氏は、新型コロナウイルスへの都の対応を強固にし、来年「簡素化された」オリンピックを実施するため、アメリカの疾病対策予防センター(CDC)に似た、東京独自の疾病コントロールセンターを創設することを目指しているとも語った。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み