1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.24

Turkey’s president formally makes Hagia Sophia a mosqueトルコのエルドアン大統領、博物館だったアヤソフィアをモスクに

このページを印刷する

トルコの大統領は7月10日、イスタンブールの6世紀にできたアヤソフィアを正式にモスクに戻し、イスラム教徒の礼拝のために開放すると宣言した。その数時間前に、高等裁判所はこの宗教上のランドマークを博物館にした1934年の決定を取り消した。

この決定は、キリスト教正教徒の間には深い落胆をもたらした。最初は大聖堂だったアヤソフィアは、イスタンブールがオスマン帝国に征服された後、モスクに変えられたが、過去86年間は博物館になっていて、毎年数百万人の観光客が訪れていた。

ドームと4つの塔のあるテラコッタ色の建物の外では歓喜が沸き起こった。裁判所の判決のニュースが流れた後、大勢の人々が「アッラーは偉大だ!」と繰り返し唱えた。

首都アンカラでは、議会でその判決が読み上げられ、議員が立って称賛した。

トルコの最高行政裁判所は、宗教団体によって出された申し立てを支持し、1934年の国会の決定を無効にした。数時間以内に、レジェプ・タイイップ・エルドアン大統領は、アヤソフィアをトルコ政府宗教局に引き渡す法令に署名した。

テレビで放送された演説でエルドアン大統領は、アヤソフィアでの最初の礼拝は7月24日に行なわれると述べ、この決定への尊重を促した。

この動きは、ギリシャ、アメリカ、ロシア、また、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)やローマ教皇などから、国際的な非難と懸念を引き起こした。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み