1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.8.14

Terunofuji caps dramatic comeback with second title照ノ富士、復活優勝果たす

このページを印刷する

元大関照ノ富士は大相撲七月場所の千秋楽となった8月2日、関脇・御嶽海を破って優勝し、幕内への「(けがからの)見事な復活」を果たした。

平幕前頭17枚目として出場したこの28歳の人(照ノ富士のこと)は、15日目に結びの一番の直前の取り組みに勝ち、東京両国国技館での試合を13勝2敗の記録で終え、優勝決定ともえ戦はなかった。

負ければこのモンゴルの人(照ノ富士のこと)は、御嶽海(11勝4敗)と、その日の結びの一番で関脇・正代(11勝4敗)に勝った大関・朝乃山(12勝3敗)のみつどもえになるところだった。

このウランバートル生まれの人(照ノ富士のこと)が最後に相撲の高い階級である幕内の部門で出場したのは2018年1月だった。その後、両ひざのけがと病気が彼のキャリアを阻んでいた。彼が唯一幕内で優勝を果たしたのは2015年の夏場所のことだった。

この新たに栄冠を与えられた優勝者(照ノ富士のこと)は、家族と同部屋の力士たち、伊勢ケ浜親方に、何度も引退を考えた後で相撲の階級をもう1度上っていく長い道のりの間、励ましてもらったことを感謝した。

「番付が落ちているとき、応援してくれる方がいた:家族、親方、同じ部屋の力士たちみんな。彼らの支えのおかげで、私は復帰することができた」と彼は語った。

英文記事を見る

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み