1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.12.25

COVID-19 vaccinations start in US as death toll passes 300,000米国で新型コロナウイルスのワクチン接種開始

このページを印刷する

アメリカは12月14日、新型コロナウイルスが世界で最も流行している流れを変えられると期待して、ワクチン接種のための大規模な取り組みを開始した。アメリカでは死者数が30万人という驚くべき数を超えた。

待望のワクチンプログラムの開始は、感染がますます増え、ヨーロッパの複数の国が新たなロックダウン(都市封鎖)を発表したのと同時に起きた。世界的なパンデミックが終わるまでには長い道のりが残っていることが浮き彫りになった。

ニューヨークのサンドラ・リンゼイ看護師が、ファイザーとビオンテックが共同開発したワクチン注射を受けたアメリカ初の人物となり、その様子はテレビで生放送された。これは、イギリスが欧米での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンキャンペーンを始めた6日後のことだった。

「他のワクチンを受けるのと違いは全く感じなかった」とロング・アイランド・ジューイッシュ医療センターで救命救急を担当する看護師のリンゼイさんは語り、ワクチンを受けることで「自分たちの役目を果たす」ように全てのアメリカ人に懇願した。

このワクチン接種は、パンデミックの最も深刻な段階の1つの最中に行なわれた。アメリカをはじめ、多くの他の国々で感染件数が急増し、医療関係者たちはワクチンに対する懐疑的な態度やロックダウンによる疲れ、安全を守るためのルールの遵守にばらつきのある状態に苦労している。

12月14日、オランダはパンデミックが始まってから同国で最も厳しいロックダウンに入る準備をし、イギリスはロンドンで新しい規制を発表し、トルコは新年にかけて4日間のロックダウンに入ると述べた。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み