1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.1.1

In a once-in-a-lifetime event, Jupiter dances with Saturn木星と土星が大接近

このページを印刷する

北半球にかかった夜空では、太陽系最大級の惑星2つが天空上で並んで出会うように見えた12月21日、星を眺める人々を一生に一度の幻想的なショーで楽しませた。これを天文学者は「グレート・コンジャンクション」と呼ぶ。

この珍しい天体ショーは、1年で最も日中が短くなる12月21日の冬至に偶然重なった、木星と土星の軌道がほぼ一点に集まる現象の結果生じた。晴れた空でこの接近を観測することができた人々にとっては、凍った気体から成るこの2つの天体が800年で最も接近して明るく見えた。

この2つの惑星は太陽の周りを移動し、巨大な天体の競技トラックでそれぞれ独自の軌道を進んでいて、木星―この2つの星でより明るくて大きな星―は、数週間をかけて空の上で次第に土星に近づいていったと、ワシントンにあるアメリカ航空宇宙局(NASA)本部の天文学者Henry Throop氏は語った。

大接近時、木星と土星はわずか0.1度しか離れていなかった。この角度は、腕を伸ばした位置に置かれた10セント硬貨の厚さと大体同じだ。NASAによれば、現実には、もちろん、この2つの惑星は数億キロ離れたままだという。

この2つの惑星のコンジャンクションは20年に1度程度発生する。しかし、前回12月21日の夜空でこの2星が接近したのは1623年で、日中だったため、地球のほとんどの場所からは見えなかった。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み