1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.5.28

Rainy season in western Japan arrives earlier than ever東海・近畿が梅雨入り、記録的な早さ

このページを印刷する

今年の梅雨は日本列島の西部と中部の一部で普段よりも数週間早く始まっており、統計が入手できるようになった1951年以降、最も梅雨入りが早い地域もあった。

気象庁によって発表された暫定的な数字によると、近畿地方―大阪府、兵庫県、京都府を含む―とその周辺の県は、5月16日に梅雨に入ったとみられ、昨年よりも25日早いという。

平均よりも21日早い梅雨の到来が、70年前に同庁(気象庁のこと)が統計をまとめ始めてから、近畿地方の梅雨入りで最も早いものだ。この梅雨入りの暫定日は、もし変更がなければ、1956年と2011年に出された記録を破ることとなる。

愛知県を含む東海地方は、5月16日に梅雨入りした可能性があり、これまでで2番目に早く、例年よりも21日早いと、気象庁の数値が示した。東海地方で最も早い梅雨入りは、5月4日に梅雨が始まった1963年だった。

メディアの報道によると、早過ぎる梅雨入りの背景には、太平洋高気圧に影響する偏西風の例年とは異なる軌道があるという。

早い梅雨入りは全国で展開されつつある。

過去の統計では、早い梅雨入りでも必ずしも梅雨明けが早いわけではないことが示されている。

英文記事を見る

Global Education Special 2021

進化するグローバル教育を取り上げたスペシャル企画。安河内哲也氏スペシャルインタビューの他、最新の大学や留学プログラムの活動などを特集。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み