1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.6.11

Naomi Osaka withdraws from French Open, cites depressionテニスの大坂選手全仏オープン棄権、うつ病告白

このページを印刷する

日本のテニス界のスター、大坂なおみ選手は5月31日、記者会見に応じないと発表し、出場資格が取り消しになると脅された後、全仏オープンを棄権し、うつ病との闘いを明らかにした。

「実は、2018年の全米オープン以降、私は長い間うつ病に苦しんでいて、これに対処するのに本当に苦労してきました」と、大坂選手はツイッターに投稿した声明文の中で語った。

「大会と、他の選手の皆さん、私の心身の健康にとって今最善であることは、パリで行なわれるテニスに誰もが再び集中できるように、私が棄権することだと思います」と、この23歳の四大大会優勝者(大坂選手のこと)は述べた。

彼女の発言は、この世界第2位の人(大坂選手のこと)がパリでルーマニアのパトリシア・マリア・ティグ選手との5月30日の第1ラウンドの試合に勝利した後に記者会見に応じなかったことを受けて、主催者が大坂選手に1万5,000ドル(165万円)の罰金を要求し、大会への出場資格を取り消すと脅した後で出された。

四大大会の委員会は5月30日、大坂選手は「契約上のメディアへの義務を守る」ことを拒否したことで罰金を科せられ、今後もニュースメディアの要求を退けるなら、大会への出場停止または追放を受けることになると発表した。

大坂選手は、全仏オープンの前に、自身の精神衛生のため、記者会見に応じないとソーシャルメディアで発表していた。

英文記事を見る

Global Education Special 2021

進化するグローバル教育を取り上げたスペシャル企画。安河内哲也氏スペシャルインタビューの他、最新の大学や留学プログラムの活動などを特集。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み