1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.12.10

Swallows beat Buffaloes to win 1st Japan Series title since ’01東京ヤクルトスワローズ、20年ぶり日本一

このページを印刷する

東京ヤクルトスワローズは日本一の投手を乗り越えて、日本一のチームになった。

ピンチヒッターの川端慎吾選手が12回表にポテンヒットをレフトに放って勝ち越し点をもたらし、リリーフ投手のスコット・マクガフ選手がこの面白い日本シリーズを締めくくり、ヤクルトスワローズが11月27日、ほっともっとフィールド神戸でオリックス・バファローズに2対1で勝って優勝を果たした。

ヤクルトスワローズは4勝2敗で日本シリーズを制した。

「本当に苦しいシーズンだった」とヤクルトスワローズの高津臣吾監督は語った。「特に昨年、一昨年と最下位に沈んでいたのでさらに難しかった。しかしその分喜びは大きいと思う」。

ヤクルトスワローズが日本シリーズで優勝するのは2001年以来で、2012年以来のセントラル・リーグのチームによる優勝となったことで、続いていたパシフィック・リーグのチームによる優勝は終わった。

ヤクルトスワローズは優勝するために、オリックス・バファローズのエース山本由伸選手の超人的な投球を乗り越えなければならなかった。山本選手は、10回に同点の試合をリリーフ投手陣に引き継ぐ前に、141球を投げ、9回1失点11奪三振の好投を見せた。

今年の日本シリーズは最初から最後まで接戦となり、全6試合の点差が2点以下で、6試合中5試合は1点差だった。第6試合はきっかり5時間続き、12回までかかってようやく勝者が決まった。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み