1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.1.14

Aoyama Gakuin wins Hakone ekiden title in record time箱根駅伝、青学が2年ぶり6回目の優勝

このページを印刷する

青山学院大学は1月3日、過去最短記録の10時間43分42秒というタイムで第98回東京箱根間往復大学駅伝競走に優勝した。象徴的な2日間の競走(箱根駅伝のこと)を2年ぶりに制覇し、同大学史上では6回目の優勝となった。

青山学院大学は2日目の復路を2分37秒リードしてスタートし、そのまま走った。青山学院チームは、神奈川県の山間部にあるリゾート地の箱根から東京都のビジネス街大手町まで5つの区間がある109.6キロの復路の途中で、2つの区間で過去最短記録を達成した。

前回の過去最短記録は、前回青山学院が優勝した2020年に同大学が作ったものだった。

中村唯翔選手が第9区間を、中倉啓敦選手が第10区間を過去最短記録のタイムでそれぞれ走り、青山学院大学は順天堂大学に11分近くの差を付けてゴールした。順天堂大学は復路を第5位でスタートした。

「私たちは過去最高のチームに勝った。それはこの素晴らしい学生たちの力」と原晋監督は語った。

「青山学院メソッドがあり、選手たちはそのメソッドの中で自分自身に応用し、伸びていく。しかし、それ以上に、各個人が自ら行動し、自分の前に立ちはだかるあらゆる課題を特定し、それに取り組んでいく」。

2日間の競走(箱根駅伝のこと)には、関東地方から20大学のチームと、他の学校から集まった走者から成る選抜チーム1組が参加する。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み