1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.2.25

Ayumu Hirano wins Japan’s 1st snowboard halfpipe gold平野歩夢、トリプルコーク1440でハーフパイプ日本人初の金

このページを印刷する

平野歩夢選手は2月11日、北京オリンピックの男子ハーフパイプで日本初のスノーボードでのオリンピック金メダルを獲得し、日本のスポーツの歴史を作った。

平野選手は、トリプルコーク1440を含む見事な技を披露した3回目の滑走で96.00ポイントを得点し、オーストラリアのスコッティ・ジェームズ選手を十分に引き離した。ジェムズ選手は、ゲンティン・スノーパークで92.50ポイントを得点して銀メダルの位置で終わった。スイスのヤン・シェーラー選手が銅メダルを獲得した。

平野選手は、2014年と2018年のオリンピックでスノーボードハーフパイプで銀メダルを勝ち取り、その後、スケートボードに切り替え、自分のルーツへの輝かしい回帰の前に、東京オリンピックの日本代表に選ばれた。

「まだ実感がないが、子どもの頃の夢の1つがついに叶った」とこの23歳の人(平野選手のこと)は語った。「今回のメダルを得ずに終えることはできなかっただろう。全てを出し切った」。

平野選手のトリプルコーク1440は、オリンピックの大会で初めて決めたもので、彼はそれを毎回の滑走で披露した。

平野選手のハーフパイプへの2回目の完璧な滑走は金メダルに値するように見えたが、審査員たちは91.75ポイントにしか値しないと考えた。この点数で平野選手はジェイムズ選手に次いで2位に残された。この採点は会場にいた観客から大音量のブーイングに遭った。

平野選手は最終回の滑走で自分で状況をどうにかして、再びトリプルコーク1440を完璧に決めて、さらに2回の1440と2回の1220を行なった。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み