1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.6.10

S Korea’s Song wins best actor at Cannes for Kore-eda film Brokerカンヌ、『ベイビー・ブローカー』主演のソン・ガンホさんに男優賞

このページを印刷する

韓国のソン・ガンホさんは5月28日、日本人の是枝裕和監督の映画『ベイビー・ブローカー』で演じた役で、第75回カンヌ映画祭の最優秀男優賞を獲得した。

最高賞のパルムドールはスウェーデンのリューベン・オストルンド監督の『Triangle of Sadness』が受賞し、日本の早川千絵監督の『Plan 75』はカメラドール新人監督最優秀賞は逃したが、特別表彰を受けた。

地元メディアによると、ソンさん(55)は、カンヌ映画祭で男優賞を獲得した初の韓国人男性になったという。彼は『パラサイト』で主役を演じ、この映画は2019年のパルムドールと2020年のアカデミー賞最優秀作品賞を獲得した。

「とてもありがたく、光栄だ。私は是枝監督に感謝したい。監督は素晴らしい芸術家だ」とソンさんは受賞スピーチで語った。

『ベイビー・ブローカー』は、「ベイビー・ボックス」—親が自分の子どもを他の人に育ててもらうために匿名で置いていくことができる箱—を通じて出会った登場人物たちに関するものだ。ソンさんは、そのボックスに置いていかれた子どもを盗んで売ろうとする2人の男のうちの1人の役を演じた。

この映画は是枝監督にとって、カトリーヌ・ドヌーヴさん、ジュリエット・ビノシュさん、イーサン・ホークさんが出演した2019年の『真実』の後、日本人以外の出演者との仕事への2度目の進出となった。

是枝監督は、韓国の文化に詳しいと、ソンさんは授賞式の後の記者会見で語り、お互いに理解し合うのはそれほど難しくなかったと付け加えた。

この映画が4月にパルムドールにノミネートされたとき、是枝監督は、「言語と文化の違いを超えたコラボレーション」を通じてこの映画は作られたと述べた。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み