1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Nairobi (Kenya)ケニアの首都ナイロビ

このページを印刷する

現代建築が並ぶ活気あふれる現代的な都市。広大なサバンナ。ラッシュアワーの騒々しい渋滞。フレンドリーで歓迎してくれる地元の人々。うろうろ歩くキリンの群れ。わくわくするような豪快な料理。ロマンチックな膨らむ夕陽。これがナイロビだ。

ほとんどの観光客は、ケニアの首都をサファリへの玄関口として利用する。典型的な数日間の旅行計画には、ケニアで最高の国立保護区のいくつかで過ごす時間が含まれている。

どんなリストでもトップには、マサイマラ国立保護区が入っている。ここでは、「ビッグ・ファイブ」―ライオン、ヒョウ、ゾウ、バッファロー、サイ―が見られるだけではなく、シマウマやハイエナ、うろうろするチーターも見ることができる。大移動の時期に来れば、タンザニアからマラ川を渡ってここへやって来る数百万頭のヌーの一部を見ることができるかもしれない。

自然の最も壮大な動物が命の輪に加わっている様子を自分の目で見ること。熱いアフリカの太陽を背中で感じること、風を髪に感じること。鼻腔に砂ぼこりの匂いをかぐこと。…これは生涯にまたとない経験だ。

サファリを見終わったら、都市部を探索しよう。ガイド付きのナイロビ都市ツアーに参加して、28階建てのKICCタワーを見学し、地元の工芸品の市場で買い物をして、巨大なマセア・スラムを訪れよう。支払ったお金は、マセアのストリートチルドレンの支援になる。

有名なカーニバル・レストランでの食事を堪能して、最高潮で旅を締めくくろう。ここでは、マサイ族の剣で串刺しにされ、炭でグリルされた肉のビュッフェを楽しむことができる。狩猟肉は2004年に禁止になったが、まだダチョウとクロコダイル、ラクダは食べることができる。倒れるまでごちそうを楽しんで!

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み