1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.26

Skopje (Macedonia)マケドニア共和国の首都スコピエ

このページを印刷する

スコピエはマケドニア入門として素晴らしい。この市は歴史にどっぷり浸かっていて、マケドニアの有名な山脈を含め、世界有数の素晴らしい景色からも遠くない。

マケドニア広場からスタートしよう。ここは主要な集会場で、賑やかなショッピング街にも近い。ここでは、アレクサンダー大王と広く理解されている『馬に乗った戦士』をはじめとする圧巻の銅像群が見られる。これは、この国(マケドニアのこと)とギリシャとの「マケドニア」という名前をどちらが使用できるかをめぐる論争に対して見え見えのウインクをしているようだ。

ここから10分ほどで、ストーンブリッジが見える。これは、スコピエの象徴であり、バルダル川の上にかかっていて、15世紀半ばに遡る。夜になると、噴水が吹き上げる。

オールドバザールにあるビザンティン帝国時代の建物を見てまわろう。カフェに寄って、トルココーヒーと、三日月型でジャムが上に乗った「キフラ」を楽しもう。

ケーブルカーに乗ってヴォドノヒルへ登り、ミレニアムクロスの下に立とう。ミレニアムクロスは鉄鋼でできた66メートルある近代主義の十字架だ。ここでは市の素晴らしい眺めも楽しむことができる。

日帰り旅行には、マトカ湖まで短距離バスに乗るとよい。マトカ湖は美しいエメラルドグリーンの人工池で、時間を忘れることのできる渓谷にある。

この湖周辺では、たくさんのアウトドア活動ができる。小型ボートやカヤックに乗って、湖の橋にあるたくさんの洞窟のいくつかを探検できる。最も有名なブレロ洞窟に降りると、魅惑的な球状の鍾乳石が見られる。

最後に、この渓谷にある多くの修道院を訪れよう。セント・アンドリュース修道院は水面からすぐのところにあり、ボートで簡単に到達できる。あるいは、湖からはるか上にあるセント・ニコラス修道院まで登るのもいいだろう。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み