1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Seoul (South Korea)韓国の首都ソウル

このページを印刷する

ソウルが与える全てのものを1回の旅行で楽しめると期待するのは愚かなことだろう―ここアームチェア・トラベラーを読んでいる我々は愚かではない! さて、韓国最大の都市で観光客に提供される豊かなもののほんの一例を紹介しよう。
1392年から1897年の朝鮮王朝(李氏朝鮮)は、ここに「五大古宮」を建て、ソウルに跡を残した。その全てを訪れる時間はないかもしれないが、昌徳宮と景福宮は絶対に見たほうがいい。1つ目はこの国の本宮と考えられており、自然環境の庭園と調和した建築法が称賛されている。その秘苑はどの季節に行っても素晴らしいが、春が最も緑豊かだ。
景福宮は五大古宮の中で最も大きい。ここで何日も過ごすことができ、この広大な場所で迷うかもしれない。国王が外国の官僚と面会していた主に木で作られた正殿である勤政殿から、大きな人工池の真ん中に建てられた分館で国賓をもてなす晩さん会が開かれた慶会楼までは、見応えのあるものがとてもたくさんある。年代物の衣装で演じられる見張り役の毎正時の交代を楽しむのも忘れずに。
さあ、明洞で買い物をする時間だ。世界で最も高級なショッピングストリートとしてリストアップされてきたが、それで興味をそがれてはいけない! 地元で人気の食べ物、チョッパル(豚足)か韓国のエッグトーストにそそられる食欲を落ち着かせよう。
最後に、南山の頂上にあるNソウルタワーまでケーブルカーに乗って行こう。このタワーの回転する展望台はこの都市の素晴らしい眺めを見せてくれる。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み