1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.8

Bomarzo (Italy)イタリア・ラツィオ州ヴィテルボ県ボマルツォ

このページを印刷する

イタリアのルネッサンス様式のガーデンは、その秩序だったクラシカルなデザインで有名だ。しかし、そうでないものもある。イタリア中部の小さな村の近くにある公園は、もっと野趣あふれる芸術をたたえている。
16世紀の昔に戻って旅をして、優れた傭兵の指導者ピア・フランチェスコ・オルシーニに会いに行こう。オルシーニは、兵士としてのキャリアを終えた後、ローマの北へ70キロ以下の距離のボマルツォにある彼の家族の城に隠居した。その城「カステロ・オルシーニ」は、観光客に公開されていて、かつてオルシーニが支配していた土地を眺めることができる。
この元傭兵は、芸術を大事にした。しかし、妻が死去したとき、彼は悲しみでいっぱいになった。「サクロ・ボスコ」(「聖なる森」という意味)と名付けた公園を作るように依頼した。彼がなぜそれを建設したのかはだれも知らない―もしかしたら、それは彼の人生の悲劇を示していたのだろうか?―しかし、その状態が喜ばせるためではなく、驚かせるために作られていると今ではだれもが思う。この公園を「パルコ・デイ・モストリ」(モンスターパーク)と呼ばれるのはなぜか、たやすく理解できる。
公園を歩いて通ると、暗いおとぎの国に踏み入ったような感じがする。戦象が、ローマ軍の兵士を踏み潰して死なせている。マーメイドは開脚している。石の家は片側に傾いている。巨大な石の仮面が叫んでいる。
悲しいことに、このアートは当時は理解されず、何世紀も荒廃してきた。そして、サルバドール・ダリがこの公園を訪れた。それに絵画の着想を得て、1948年にこの公園についての短い映画を制作した。近年では、よく維持管理されていて、イタリアで最もよく保存された秘密の1つとして見られている。
過去を生きているようなもう1つの遺物であるエトルリア時代のピラミッドまで公園から伸びる小道を歩いて、旅を締めくくろう。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み