1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.3

Snaefellsnes (Iceland)アイスランド・スナイフェルス半島

このページを印刷する

辺鄙。過疎。恐ろしい山々や、火山岩を切り開く氷河のある大地。これはアイスランドの一般的な風景であり、90キロに及ぶスナイフェルス半島がその最たる場所だ。その孤立は、飽き飽きした旅行者へのギフトである。

首都のレイキャビクからスタートし、ゲルズベルグまで車で2時間以内。ここは息を飲むような玄武岩の岸壁で、アイスランドの神様がつくりかけた一連の構造物のように見える。

続いて、キルキュフェトル山へ車で行こう。ここは標高463メートルの山で、ひれの形をしていて、写真家たちのお気に入りだ。ここでは夜になると、オーロラが、すばらしい光り輝く背景であなたを祝福してくれることがある。オーロラが現れなくても、キルキュフェトルの滝がここを魔法のような景色にしてくれる。

さらに西へ行くと、ロンドランガー(Londrangar)という場所に着き、二つの岩栓があり、アイスランドの海岸が海に面する場所を示している。ここには、岩に巣をつくるツノメドリなど何百羽の海鳥が生息している。

ここから、スナイフェルスヨークトル国立公園に入る。ここは、地平成全体を占める火山にちなんで名付けられた。火山の上の氷河を1日かけてハイキングしよう。

公園内で、ヴァッツヘットリルという洞窟を訪れよう。曲がりくねった階段を下りていくと、色とりどりの溶岩洞が見つかる。

洞窟を出て、キルキュフェトル山を通り越して、巨大で3500年前のものと見られるほとんどが平らな溶岩の平野Berserkjahraunを訪れよう。その名前に恋することがなくても(「berserkerの溶岩の平野」という意味で、恋の物語が―当然―伴う)、荒れ狂う岩がいっぱいの平野には惚れ込むことだろう。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み