1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.3

Granna (Sweden)スウェーデン・グレンナ

このページを印刷する

今週、アームチェアートラベラーは、赤と白のペパーミント味の棒キャンディの生まれ故郷、グレンナへ向かう。しかしまずはスウェーデンの人々についてと、彼らのキャンディ文化について少しお伝えしよう。

1940年代、スウェーデン政府は、甘いものが虫歯を引き起こすことをきっぱりと証明するため、一連の奇妙な実験をした。政府はその後、子どもたちには土曜日にだけ甘いものを食べるように推奨した。これが、スウェーデンの人々が甘いものを週の6日間は控え、土曜日にたらふく食べるという伝統「ルーダスゴディス(土曜日のお菓子)」という伝統の始まりだ。

それで、この国は毎週土曜日になると大の甘党になる。土曜日には、クリスマスの杖型のキャンディに似た、まっすぐなスウェーデンの棒キャンディ「ポルカグリース」誕生の地グレンナへ多くの人々が集まる。人口3,000人以下のこの小さな町には、ポルカグリースなどのお菓子を販売する店が約20店舗あり、多くは大通りにある。

だが、グレンナはキャンディだけではない。地元の博物館には、ここが生まれ故郷のサロモン・アウグスト・アンドレーの素晴らしい展示がある。彼は、熱気球で北極へ到達した初めての人になろうと1897年に出発した。悲しいことに、彼の計画は崩れ、彼とアシスタント2人の死という形で終わった。

ブラエフス城に登ろう。廃墟となった城のロマンある史跡だ。国内第2の大きさの湖ベッテル湖と、180メートル下にあるビシングショ島の素晴らしい眺めが見られる。

あとで、ビシングショ島行きのフェリーに乗り、Nas城を訪れよう。今は廃虚となっているが、スウェーデンの歴史の重要な一部だ。馬がひくカートに乗って、島をめぐり、たっぷりのアウトドア料理と最高のスウェーデンコーヒーで旅を締めくくろう。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み